かわさきTMO

街に回遊性をつくる

かわさきTMOのめざしているものの一つに「誰でもが安心して楽しく歩ける街づくりがあります。この言葉は簡単そうに見えますが、具体化するのは相当に大変なことです。まず、都市は「自動車の通る道路を骨格として構成されています。道路で区切られた区画に建物や広場や公園ができます。そこには、自動車が一次的で、人が歩くことは二次的になっているのです。この車優先の構造のなかで、人が歩くことを一次に格上げしようとするのですから、そう簡単にはいきません。そこで、中心市街地部は車両進入禁止地区として、歩行者を補完する公共交通だけがあるというが望ましい姿といえます。たとえば、川崎駅東口から東に延びる市役所通りを人が主役となる道路に転換することです。しかし、既存の自動車優先の交通体系を一朝一夕で変えることはできません。そこで、小さな「こと」を一つ一つ挑戦しながら人が安心して楽しく歩ける街に変えていくことが街に回遊性をつくることといえます。

banner_amefoot.jpgbanner_amefoot.jpg

banner_fes-kawasaki.jpgbanner_fes-kawasaki.jpg

banner_ren-kawasaki.jpgbanner_ren-kawasaki.jpg

banner_shoukoukaigisho.jpgbanner_shoukoukaigisho.jpg