かわさきTMO

フェスティバルなかわさき報告書 平成26年度

1.これまでの「フェスティバルなかわさき」の歩み
「イベントサミット」をきっかけに、平成19年度秋、6つのイベント団体によって発足した「フェスティバルなかわさき実行委員会」は、今年で8年目を迎えた。「連連連・つなごうかわさき」が継続して幹事となり、共同PRポスター作成を始めとする一連のPR活動を継続・実施している。

2.平成26年度の特長
(1)イベント団体・協賛企業
【参加イベント数】かわさき環境ショーウィンドウフェアが中止となり参加しなかったが、そのほかの前年度参加イベント団体14(イベント数は16)に新たに「歩こう東海道川崎宿スタンプラリー」と幸区の2つのイベント「第34回幸区民祭」「第42回日吉まつり~道灌祭~」が加わり、イベント団体17(イベント数は19)となった。
【協賛企業数】昨年の協賛企業のうち2企業が辞退、2社から協賛を得た。

(2)実行委員会の充実と費用をかけないPR活動の検討
今年度も実行委員会主導による運営を心掛けた。実行委員会開催は5回(うち最終の1回は市長表敬)。予算が厳しい中、従来から参加のイベント団体負担金3万円を4万円に引き上げることが実行委員会で決まった。費用をかけずに充実したPRを行う案を昨年に引き続き実行委員会で検討した。

(3)PR活動
ラゾーナ川崎プラザの厚意により継続している告知イベントは3回目を迎えた。9月27日(土)、午後2時~4時。ゲスト出演は、川崎純情小町☆。MCは若井氏(㈱チッタエンタテイメント)。応援のマスコットキャラクターの着ぐるみや井上京子さん、レインボーガールが参加し、川崎の秋のイベントのPRに務めた。
今年度の新しい試みは、告知イベントチラシ、イベントチラシおよびTODAY紙でスマート動画展開を行ったこと。これは、㈱トークるん によるアイデアおよび技術提供(特別価格)で、これら媒体紙に特定のアプリをダウンロードしたスマートフォン等をかざすことでフェスティバルなかわさき動画(川崎純情小町☆によるフェスティバルなかわさきイベント案内)が見られるというもの。
また、昨年度は、市バスでのチラシ配布は、イベントチラシのみであったが、今年度は加えて告知イベントチラシの配布も行った。
ポスター掲示については、昨年無料で掲出してもらった京急線車内広告が今年度は費用が発生することから予算がとれず取りやめになった。それ以外については、昨年度同様の内容でポスター掲出を行った。

<告知イベントの様子>

event_feskawa_img1.jpg event_feskawa_img2.jpg

event_feskawa_img3.jpg event_feskawa_img4.jpg

event_feskawa_img5.jpg event_feskawa_img6.jpg

event_feskawa_img7.jpg event_feskawa_img8.jpg

event_feskawa_img9.jpg event_feskawa_img10.jpg

最後は、ステージと来場者とが一体となって会場全体で大ジェンカ大会

(4)市長表敬
「フェスティバルなかわさき」幹事イベント団体として経済労働局局長等と対談を行い、今年度のイベント特徴やAR動画の採用等について報告。
福田市長表敬では、17団体中13団体が参加し、コーディネーターのイベント
内容紹介の後、記念撮影を行った。
今年度は「東海道かわさき宿交流館開館1周年記念事業歩こう東海道川崎宿スタンプラリー」の他、幸区から「川崎市制90周年記念第34回幸区民祭」「第42回日吉まつり~道灌祭~」が参加するなど、猪熊実行委員長から新たなひろがりを見せている活動の状況を報告した。

event_feskawa2_img1.jpg event_feskawa2_img2.jpg

event_feskawa2_img3.jpg event_feskawa2_img4.jpg

(5)タッチラリー
1人で何枚ものカードを使用する参加者が多く、利用者数より抽選回数だけが増え
てしまうことから今回は、「ICカード類は1人1つまで」をチラシ等にも明記、抽選会場
でも徹底するようにした。そうした理由から総数は減ったが、86,972(10日間)から
54,260(8日間)と大幅な減少とはならず、タッチラリーへの新たな参加者がいたことが
うかがえる。

連連連つなごうかわさき報告書 平成26年度

第13回 連連連・つなごうかわさき実行委員会の運営

連連連・つなごうかわさき
◆開催日時:平成25年10月18日(土)11:00~17:00、10月19日(日)11:00~16:00
◆会  場:川崎市役所本庁舎駐車場
◆主  催:かわさきTMO 連連連・つなごうかわさき実行委員会
◆後  援:川崎市
◆協  力:川崎商工会議所、公益財団法人川崎市産業振興財団、第21回かわさきロボット競技大会実行委員会、神奈川県行政書士会川崎南支部「かわみ」、川崎労福協商社会、Buyかわさき協力店、川崎の海の歴史保存会、音楽のまち・かわさき推進協議会、映像のまち・かわさき推進フォーラム、いいじゃんかわさき実行委員会 他


1.今回の開催趣旨
13年目を迎えた今年は、「みんなで川崎を誇りの持てるまちに育てよう」を合言葉に、川崎市政90周年の「川崎を一歩先へ、もっと先へ」に賛同し、昨年同様『日本の未来への希望』、『元気で魅力あるかわさき』を目指すこととした。

【取り組み】
・ステージの第1日目はバスカーを中心としたミュージシャンによるライブ、第2日目は。杉の子太鼓や川崎純情小町などが参加し、フィナーレは川崎ロボット競技大会。
・出店は、地元ならではのお店やNPOなどによる市民へのPR交流とチャリティ即売。
・昨年に引き続き、東北支援チャリティ募金を実施した。

renrenren-img1.jpg renrenren-img2.jpg

2.実行委員会メンバー:17名(昨年:17名)
商業者3名(3名)、業者3名(3名)、出店者3名(3名)、市職員・財団関係者2名(2名)、TMO2名(2名)、ボランティア3名(3名)、コンサル1名(1名)

【取り組み】
・実行委員は、士業関係のボランティア2名が実行委委員に加わった他、神奈川大学3年の学生も通しで実行委員会に参加した。当日のみのボランティアを加えると、結果として前年同様の17名となった。
・開催前日(10月17日)の準備には、昨年の明治大学の学生と今年からの神奈川大学が参加したほか、市長表敬には明治大学の学生が参加してPRを行った。


3.実行委員会開催
7回:5月16日、6月12日、7月8日、8月8日、9月5日、10月6日
11月10日(反省会)(前年7回開催)

【取り組み】
・実行委員会では、幹事である「フェスティバルなかわさき」の事前検討、特に、参加会費の変更、新たな取り組みとしてのAR動画を用いた告知方法件等、ラゾーナ川崎でのPRイベントの企画立案に時間を割いた。
・「つなごうかわさき」については、AR動画導入、HP、パンフレットについて検討した。
・出店者説明会(10月6日(月)午後3時~4時半)
昨年の報告書、今年の概要、動画配信等の告知説明、当日に向けた留意事項、出店者の出店内容発表および質疑応答を行った。パンフレット等を配布した他、「フェスティバルなかわさき」を特集した「TODAY」、B3ポスター、A4サイズチラシ等も配布した。

renrenren-img3.jpg

4.PR活動
(1)パンフレット作成
・印刷部数は5,000枚(昨年度同様)。
・表面には「川崎市政90周年」の「川崎を一歩先へ、もっと先へ」を入れた。
・中面は、協賛広告、会場周辺地図、出店者一覧等。

renrenren-img4.jpg renrenren-img5.jpg renrenren-img6.jpg renrenren-img7.jpg

(2)HP(ホームページ)のリニューアル、Facebook(フェイスブック)の活用
HPを新たに作成し、ビジュアルでの情報発信を強化。昨年度作成したファイスブックページを今年も更新。イベント当日に投稿を行った。「いいね!」200を維持。

renrenren-img8.jpg

renrenren-img9.jpg renrenren-img10.jpg

5.当日
(1)来場者数
2万3千人(平成25年度:1万2千人 前年比:192%)
(2)当日実施状況

renrenren-img11.jpg renrenren-img12.jpg
左)小林実行委員長による開会宣言 右)1日目は川崎バスカ祭り

renrenren-img13.jpg renrenren-img14.jpg
左)ミュートンとのコラボも大盛況 右)三浦副市長も応援に駆けつけて激励を

renrenren-img15.jpg renrenren-img16.jpg
左)田口さんのファンである市長も応援に! 右)強力な助っ人井上京子さんたちが登場

renrenren-img17.jpg renrenren-img18.jpg
左)連連連のTシャツでダンスパフォーマンス! 右)川崎純情小町が客席を一体に盛り上げる

renrenren-img19.jpg renrenren-img20.jpg
左)寿老人のスタンプポイントとして定着 右)人気、実力の高い出演者が勢揃い

renrenren-img21.jpg renrenren-img22.jpg
左)ロボット競技大会では純情小町が景品贈呈 右)TMO担当(神谷)による閉会宣言

(3)参加団体
【テント出店ブース数:18】
・かわさきのグルメコーナー 4(明治大学農学部もやもや隊、(有)B&M企画、川崎
労福協商社会・グリーンビーンズ、川崎の海の歴史保存会)
・BUYかわさきキャンペーン 2(堂本製菓、マカデミア)
・ものづくり 2(かわさきロボット競技大会、神奈川大学フォーミュラーカー)
・かわさきを学ぼうコーナー 3(りそな銀行、特定非営利活動法人アクト川崎、
パルシステム神奈川ゆめコープ)
・体験コーナー 3(川崎グランドボウル、横浜トヨペット㈱、㈱神奈川こすもす)
・士業1(神奈川県行政書士会川崎南支部)
・シネマ・アート 2(小野町セレナーデ宣伝隊、アートてん)

【取り組み(出店)】
・新規の神奈川大学は学生が制作した電気自動車のフォーミュラーカーを披露した。
・「リサイクルラバーチャレンジ」(2日目出店)は、再利用活動として製造過程で出たラバーを無料配布。家具の耐震予防やハロウィンの仮装衣装への利用で注目された。

◎新規出店ブース

renrenren-img23.jpg renrenren-img24.jpg
左)神奈川大学のフォーミュラーカー展示 右)川崎が舞台 『小川セレナーデ』の宣伝

renrenren-img25.jpg
再利用できるラバーを無料提供

◎その他出店ブース

renrenren-img26.jpg renrenren-img27.jpg
左)「明治大学農学部もやもや隊」 右)(有)B&M企画のかわさき産の食品販売

renrenren-img28.jpg renrenren-img29.jpg
左)「グリーンビーンズ」コーヒー・豆菓子の販売 右)「川崎の海の歴史保存会」海産物満載

renrenren-img30.jpg renrenren-img32.jpg
左)「堂本製菓」大師巻など米菓の販売。 右)「マカデミア」お菓子等販売

renrenren-img35.jpg renrenren-img36.jpg
左)かわさきロボット競技大会 右)「アクト川崎」楽しいエコと節電がテーマ

renrenren-img38.jpg renrenren-img39.jpg
左)「りそな銀行」お金に関するゲームなど開催 右)「川崎グラウンドボール」ボーリングゲーム

renrenren-img40.jpg renrenren-img41.jpg
左)「ゆめコープ」パルシステム紹介とゲーム 右)「アートてん」による雑貨販売

renrenren-img42.jpg renrenren-img37.jpg
左)「トヨペット(株)」福祉車両の展示 右)「(株)神奈川コスモス」入棺体験の実施

renrenren-img34.jpg renrenren-img33.jpg
左)行政士による無料市民相談 右)映画『小川セレナーデ』の宣伝

【ステージ出演者】
18日:8グループ・10人
19日:6グループ

【取り組み】
・1日目は川崎バスカー祭り8組のミュージシャンが披露。今年は歌唱力を競うステージで観客を魅了した。

renrenren2-img21.jpg renrenren2-img20.jpg
左)style3! 右)小平加奈さん

renrenren2-img19.jpg renrenren2-img18.jpg
左)伊藤さくら 右)二足のサンダル

renrenren2-img17.jpg renrenren2-img16.jpg
左)牛島隆太 右)Takuya

renrenren2-img14.jpg renrenren2-img15.jpg
左)田口やすひこ 右)Sinon


・2日目は、井上京子&かわさきレインボーガールのオープニングに続いて、6グループ+1人がダンスパフォーマンスやオーケストラを披露。
renrenren2-img13.jpg renrenren2-img12.jpg
左)井上京子さん&レインボーガールでスタート 右)141chanが歌うレインボーガールの歌

renrenren2-img11.jpg renrenren2-img10.jpg
左)杉の子太鼓が演舞を披露 右)「Company Youth」のダンスパフォーマンス

renrenren2-img9.jpg renrenren2-img8.jpg
左)軽音楽「かふぇもか オールスターズ」 右)ウィンドフレンズ吹奏楽団

renrenren2-img7.jpg renrenren2-img6.jpg
左)ニューコーカス JAZZ ジャズオーケストラ 右)川崎純情小町

renrenren2-img5.jpg renrenren2-img4.jpg
かわさきバトルロボット大会
判定者とMC長坂さんとの掛け合いが絶妙!たくさんの人が見守るトーナメント戦となった。


【その他スナップ】
renrenren2-img3.jpg renrenren2-img2.jpg
今年も川崎ハロウィンが来場!ハロウィンイベントの宣伝を行った。

renrenren2-img1.jpg

6.本年度の「連連連・つなごうかわさき」の活動振り返り

(1)よかった点
・『フェスティバルなかわさき』の幹事役も7年目となり、川崎のイベント団体をまとめる中心的イベントとしての役割を果たした。
・特に今年度は、『フェスティバルなかわさき』のみならず、「連連連・つなごうかわさき」でも、AR動画に取り組むべく、イベント紹介動画を作成した。
・出店者説明会開催が定着し、当日の案内等が徹底できた。
・平成22年度から参加の明治大学農学部の出店・市長表敬参加・当日運営協力が3年目となり、良好な関係が築けている。さらに、今年度は神奈川大学経済学部3年生が実行委員として希望参加し、委員会での議事録作成、意見交換、当日の運営および記録等、大きな役割を務めてくれた。
・昨年の悪天候と打って変わり、天候に恵まれ、無事事故もなく終了できた。
・神奈川大学フォーミュラーカー、小野町セレナーデ宣伝隊の新規出店を促した。
・第一日目のかわさきバスカーのコラボ合唱、マスコットキャラの「ミュートン」の応援が定着してきた。
・ハロウィン等、他のイベント間とのPR活動が定着してきた。
・第二日目は、歌唱力に秀でた質の高いアーティスト、地元アイドルなど、例年より特徴が出た内容となった。

(2)問題点
・実行委員、当日のボランティア人材等は増えたものの、最低限の人数でなんとか回している状況は脱していない。
・今後、市役所庁舎建て替えに伴い、開催場所確保等、検討すべき問題があるが、まだ話し合っていない。

(3)次年度に向けて
・13年を経て、フェスティバルなかわさき実行委員会の幹事イベント団体として大いに貢献はしてきたと思われる。しかし、中心市街地活性化事業から生まれたイベント団体としては、改めて、イベントの存在意義、来場対象者、内容を確認する時期に来ている。
・それに伴い、補助金、イベントパンフレット掲載の企業からの協賛金、出店のテント費用で収入を確保し、支出面では業者に低価格で請負わせるという状況はすでに限界に来ている。これまでとは異なる収入源と仕組みを検討する必要がある。
・イベント内容の企画プロセスにも、多様な人材投入、実働人材の確保・募集などの検討が必要である

banner_amefoot.jpgbanner_amefoot.jpg

banner_fes-kawasaki.jpgbanner_fes-kawasaki.jpg

banner_ren-kawasaki.jpgbanner_ren-kawasaki.jpg

banner_shoukoukaigisho.jpgbanner_shoukoukaigisho.jpg